小泉歯科医院について

ごあいさつ

私たち、小泉歯科医院は、患者様とのコミュニケーションを大事にしています。
従来の虫歯治療はもちろん、入れ歯の不自由さ、痛み、見栄えの悪さなどに耐えかねてインプラント治療を希望される方、歯の美しさ(ホワイトニングなど)を求める方、口臭相談に来院される方など、多くの方々に安心して治療を受けて頂けるよう、わかりやすく治療について説明しています。

インプラント治療は15年以上の実績と多数の症例を持っています。骨がないなどの理由でインプラント治療を断られた場合でもご相談頂ければ、治療出来る場合もございます。

また、当院では無料診断も行っています。
お口の中の気になるトラブル、心配事は、お気軽にご相談下さい。患者様の納得のいくまで説明をさせて頂きますので、ぜひ一度ご来院下さい。

院長 小泉直也

院長プロフィール

  • 日本大学 松戸歯学部 卒
  • 日本大学 松戸歯学部 保存修復学非常勤講師
  • 歯学博士 博士号
  • 保存修復学 専門医
  • ICOI ( 国際口腔インプラント学会 ) 認定医
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 日本顎咬合学会会員
  • 日本医療・環境オゾン学会会員
  • 日本歯周病学会会員

院内・設備紹介

院内の様子

  • 外観
  • 外観
  • 受付
  • 待合室
  • 診察室
  • 診察室
  • 診察室
  • 駐車場

設備

歯科用コーンビームCT

当院では、歯科用コーンビームCTを導入しており、立体画像で正確な診断と安全確実な治療が行えます。
インプラント治療では3Dで立体的に骨の断面画像を撮影し、あごの骨の厚さや形を調べたうえで治療の計画を行い、立体画像で患者さんへご説明ができます。また、被爆量が少なく安全な治療が行なえます。

CTとは
コンピューター断層撮影(computed tomography)の略で、体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることが出来る現在最も優れた医療機器です。レントゲン(X線2D撮影)をした経験があるかと思います。レントゲンは、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのには役に立ちますが、インプラント治療でのCT検査は3Dで立体的に骨の断面画像を撮影し、あごの骨の厚さや形を調べたうえでインプラント治療の計画を行い、立体画像で患者さんへご説明できるため、安全、安心、納得の治療が行える最新の治療法なのです。

被爆料について
総合病院などで医科用CTを使い撮影される際は全般的な治療にしようするため胸部、頭部CT6.5~6.9ミリシーベルトぐらいの被爆量になるのですが、歯科用コーンビームCTはわすか0.15ミリシーベルトと非常に被爆量が少なく、その意味でもより安全、安心な治療を受けて頂けます。

  • 歯科用コーンビームCT
  • 歯科用コーンビームCT

レーザー治療機器

当院ではCO2炭酸ガスレーザー及びエルビウムYAGレーザーを導入し、歯周治療、虫歯治療及びインプラント治療を行なっております。
レーザー治療では不快な「キュイーン」という音や、「ガリガリ」という振動がしません。痛みが少ないので、麻酔をほとんど使わずに治療出来るのがレーザー治療の特徴です。また、菌を駆除する効果が高いので、治療後の経過が良好に保てます。
正確で、安全、痛みの少ないレーザー治療なら小さなお子様でも安心して治療頂けます。

  • レーザー治療機器
  • レーザー治療機器

口臭測定器

口臭測定器リフレスは、マウスピースをくわえてわずか20秒という短時間で口臭が測定できます。
検査で口臭があると測定されたら、まず虫歯や歯周病、舌苔など、お口のトラブルがないか検査します。お口のトラブルがなければ、ストレスを計るアミラーゼモニターでストレス値を測定します。

  • 口臭測定器
サブコンテンツ

このページの先頭へ